丸山泰武

ライター29
ぼくが福岡でフリーライターをやっているわけ

母の死と海溝への光

 ぼくが被った災難、つまり病気のことについては、まだいくらでも書くことができる。けれども書けば書くほ […]

ライター28
ぼくが福岡でフリーライターをやっているわけ

制 御 不 能

 ぼくは院内にいるのが耐えられなかったのに加えて、病院でのリハビリテーションがよい結果をもたらすとは […]

ライター27
ぼくが福岡でフリーライターをやっているわけ

オーバードーズ

 その吐き気はどこまでもぼくを追いかけてきた。外出して2、3歩くたびに、あるいはテレビを観ているとき […]

ライター26
ぼくが福岡でフリーライターをやっているわけ

マイ・ウェ

 結局、ぼくは2001年で編集長をおりた。病院から診断書をもらい、会社とも話し合って半年間休養するこ […]

ライター25
ぼくが福岡でフリーライターをやっているわけ

消波ブロック

 自分が危険な領域に向かっていることなど知らずにぼくは仕事をつづけた。編集長には絶大な権限が与えられ […]

ライター24
ぼくが福岡でフリーライターをやっているわけ

ボディブロー

 ところでAという雑誌は、福岡県内のみで販売されていたのだが、ぼくが編集部にきて4年が経過したころだ […]

ライター23
ぼくが福岡でフリーライターをやっているわけ

偶然の寄り集まり

 さて、ずいぶんと長い文章になってしまったが、ここまでがぼくがどんな動機で、何をきっかけにしてライタ […]

コピー22
ぼくが福岡でフリーライターをやっているわけ

出会い

 今思えば愚かしい話だが、ぼくはその雑誌に載せる記事をひとりで書くのだろうかなどと思った。月刊紙で、 […]

ライター21
ぼくが福岡でフリーライターをやっているわけ

転機

 ライターという仕事に“魅了”されている。しかしそれは、必ずしも正確な表現ではないのかもしれない。も […]

ライター20
ぼくが福岡でフリーライターをやっているわけ

岐路

 その話がいつごろから出ていたのかはわからない。けれども、短時間で決まったわけではないことくらいは、 […]