空白の使い方で、注目度が変わる

空白はレイアウトの基本中の基本です。空白によって情報と情報の関係を明らかにする。ということもありますし、視線の誘導をデザインすることもあります。